コンプライアンス

  1. コンプライアンス

フォレストグループ行動憲章

日本経済団体連合会の「企業行動憲章」(2004年5月18日改定)の定めに従って、フォレストグループ行動憲章を制定する。

社会の信頼と共感を得るために

フォレストグループは基本理念に定める生活者の不の打開と健全社会への貢献を大前提として、公正かつ自由な競争条件下で適正な利潤を追求し、広く社会に貢献する企業を目指し、その事業活動をおこなう。
そのためにフォレストグループは、次の原則に基づいて、人権を尊重し、社会規範、関係法規、業界自主制定ルールを遵守し、社会的良識を持って、企業の社会的責任を果たすために公正な企業活動を推進する。

  1. 社会にとって価値のある商品、サービスを、安全性、品質保証、個人情報や顧客情報の保護に十分配慮して開発、提供し、生活者、お得意様、お取引先の満足と信頼を得る。
  2. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引をおこなう。また政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
  3. ステークホルダーおよび社会とのコミュニケーションをおこない、企業情報の公正な開示をおこなう。
  4. 従業員の多様性、人格、個性を尊重し、安全で働きやすい職場環境をつくり、ゆとりと豊かさを実現する。
  5. 地球環境の保護への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動する。
  6. 「善良なる企業市民」として、積極的に社会貢献活動をおこなう。
  7. 市民生活の秩序や安全に脅威となる反社会的勢力および団体とは毅然として対決する。
  8. フォレストグループ各社の経営トップおよび経営陣は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底するとともに、お取引先、関係先に周知させる。
    また、社内外の声を常に掌握し、実効ある社内体制の整備をおこない企業倫理の徹底に尽力する。
  9. 本憲章に反するような事態が発生したときには経営トップ、および経営陣自らが問題解決、原因究明、再発防止に努める。
    また、社内外での迅速かつ的確な情報公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上で、経営陣も含めて、厳正な処分をおこなう。
  10. 本行動憲章に定める内容をより効果的に実践するため、より具体的な行動基準を定め社内に周知徹底する。

フォレストグループ企業倫理行動基準
(コンプライアンス指針)

はじめに

『フォレストグループ行動憲章』を企業活動の中でより具体的にしていくために、次のとおり「フォレストグループ企業倫理行動基準(コンプライアンス指針)」を策定いたします。
「フォレストグループ企業倫理行動基準(コンプライアンス指針)」は、日々の事業活動の中で意識し、行動するための重要な指針です。
企業は自由で公正な競争を通じて、利益を追求する経済主体であるとともに、社会に認められ、貢献する存在でなければなりません。
経済性と社会性を併せて持つことで、はじめて存在価値が出てくると言えます。
コンプライアンスとは法令遵守と言われますが、ただ単に法令遵守に止まらず、社会の要請、期待に積極的に応えることこそ、真のコンプライアンスと言えます。
そのコンプライアンスを実践し、フォレストグループ基本理念を実現するためには、「企業倫理」の意識と行動が必要です。
従業員一人一人皆様が、社会の公器としてのフォレストグループの役割を認識し、この「フォレストグループ企業倫理行動基準(コンプライアンス指針)」にしたがって、より高い倫理観をもって、誠実に愚直に正しく行動していくことを期待いたします。

I.事業活動に関する行動基準

【商品の品質保全・安全に関すること】

  1. 薬事関連法規等の遵守
    • 私たちは、医療用・診断用・一般用・動物用等の医薬品並びに医療用機器、毒・劇物等の生活者の健康に関わる生命関連商品を中心として取り扱っています。
      したがって、これら生命関連商品に関するあらゆる各種薬事関連法規(「医薬品医療機器等法」等)や販売・管理に関する各種社内規程等を遵守し、お得意様、生活者の満足と信頼を得るために事業活動を行います。
  2. 品質保証・安全性・安定供給
    • 私たちは、生命関連商品の取り扱いに関して、入庫・在庫・移管輸送・受注・荷揃え・検品・配送業務等のすべての過程で、その品質保証と安全性の確保そして安定供給にこころがけ、常に誠実な事業活動をおこないます。
    • 私たちは、不良品、不動品が出ないよう最大限の努力をして、在庫管理を徹底しておこない、品質保証・安全性・安定供給を追及します。
  3. クレーム・事故等への対応
    • 私たちは、万一上記事業活動の中で、商品の品質、安全性、安定供給そして販売活動等について不具合、クレームや事故等が起きたとき、またはその恐れのあるときは速やかに的確にその情報を上長等管理責任者、経営責任者に報告し、迅速な対応をとります。
      また経営責任者、管理責任者の指示のもと、お得意様、生活者の不の打開と会社利益のためにその原因追及、再発防止を徹底しておこないます。
  4. 学術情報の提供・説明
    • 私たちは、その生命関連商品に関する情報提供については、お得意様、生活者へ正しくわかりやすく説明し、信頼される情報提供をおこないます。

≪関連法規≫
医薬品医療機器等法、麻薬および向精神薬取締法、覚せい剤取締法、毒劇物取締法、動物用医薬品等取締規則、農薬取締法、食品衛生法(健康食品に関連して)、消防法(エタノール、シンナー等に関連して)、臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律、古物営業法等

【営業活動に関すること】

  1. 信頼性、満足感第一の正しい営業姿勢
    • 私たちは、常にお得意様、生活者の立場に立って、その不の打開を目指し、その声、提言、苦言を真摯にうけとめ、満足感、信頼感を得るための営業活動を行います。
    • 私たちは、関連法規、社内規程に沿って、正しい販売、正しい請求、正しい回収をおこないます。
  2. 社会規範遵守および法令遵守と公正競争
    • 私たちは、社会規範、関連法規を遵守し、公正な競争をおこないます。
    • 私たちは、それぞれの業界が制定した自主制定ルール、ガイドラインを遵守します。
      たとえば、日本医薬品卸売業連合会が制定した「独占禁止法遵守のガイドライン」に違反するような営業活動はおこないません。
  3. 公正競争規約の遵守
    • 私たちは、「医療用医薬品卸売業公正競争規約」、「医療機器業公正競争規約」等公正競争規約に違反するような営業活動はおこないません。
      たとえば、「医療用医薬品卸売業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約運用基準」に従い取引を不当に誘引する手段として、金品の提供、旅行招待、労務の提供、その他の便宜提供はおこないません。
  4. 不当競争の禁止
    • 私たちは、競合他社の営業上の秘密を正当でない方法で入手したり、利用して競合他社より抗議をうけるような不当競争行為はおこないません。
  5. 契約の重要性の認識とその締結に関して
    • 私たちは、取引契約書等契約の重要性を認識し、書面での確認をはかり業務遂行にあたっては明確な取引を目指します。契約書の書面では必要記載事項を最大漏れなく記載し、適正かつ公正な手続きにより、その契約の実効性をはかります。

≪関連法規等≫
独占禁止法、独占禁止法遵守のガイドライン、医療用医薬品卸売業公正競争規約、医療機器業公正競争規約等

【お取引先、関係先に関すること】

  1. 公正で透明な取引関係
    • 私たちは、仕入先、購買先、その他の関係先との取引について、公正で透明な関係を保ちます。その選定にあたっては、品質、サービス、業務の質、価格、信頼度等を総合的に判断し、決定します。
    • 私たちは、上記事項の履行にあたっては、適正なビジネス上の判断が歪められるような金品の受領や接待は受けません。
    • 私たちは、自己の立場を利用して、たとえ間接的表現であるにしろ、金品、接待を要求しません。
  2. 公務員・これに準ずる公的機関の人々との関係
    • 私たちは、官公庁等公務員関係者、公的機関関係者との関係については、関連法規を遵守し、健全な関係を保ちます。
    • 私たちは、上記関係者への飲食、遊戯、ゴルフ等の接待は贈賄にあたりますので、おこないません。

≪関連法規≫
刑法(贈収賄罪)、公務員倫理法、不正競争防止法、海外腐敗行為防止法(FCPA)

【情報資産等の知的財産権の保護に関すること】

  1. 情報資産の尊重・保護
    • 私たちは、事業活動を効果的におこなうために開発されたフォレストグループ情報システム等情報に関わるすべての資産については、知的財産(成果)としての価値の有用性を強く認識し、企業秘密として、保護保持に万全を期します。
    • 私たちは、情報に関わるすべての資産の保護、機密保持のために「フォレストグループ情報セキュリティポリシー」に定められた内容を守り、万全を期します。
    • 私たちは、上記情報資産の保護、機密保持と、情報に関わる意識と行動を規律するために社内での社員への教育を徹底します。
    • 私たちは、当社の情報資産とともに、他社の情報資産(知的財産)の保護についても尊重し、その侵害がないよう万全を期します。
  2. 著作権の侵害の禁止
    • 私たちは、他者の知的財産を使用する場合は、権利者の同意を得るか、またその権利を購入し、第三者の知的財産を無断では使用しません。
    • 私たちは、コンピュータソフトその他の著作権の無断複製はいたしません。
  3. 個人情報・顧客情報の保護

    事業活動を行う上で、取り扱う情報を適切に取り扱うことは、企業経営の信頼性維持の基本です。

    • 私たちは、情報管理の重要性を認識し、個人情報、顧客情報の取得、収集、利用、保管、廃棄のすべてのプロセスにおいて、安全管理を徹底し、情報漏洩を防止いたします。
    • 私たちは、個人情報・顧客情報の取り扱いに関しては「個人情報保護法」、「フォレストグループ情報セキュリティポリシー」に沿って、それらの運用・管理を徹底します。

≪関連法規≫
フォレストグループ情報セキュリティポリシー、著作権法、不正競争防止法、個人情報保護法

【会社の財産、経費に関すること】

  1. 会社財産の尊重・保護・活用
    • 私たちは、社屋、設備、備品、パソコン、貸与携帯電話、車両、事務用消耗品等すべての会社の財産を尊重、保護し、そして最大限に効率よく活用します。
      またその利用、使用にあたっては不明瞭なことのないよう公私の区別を明確にいたします。
    • 私たちは、上記会社資産の毀損、紛失、不正使用、盗難が起きないよう常に注意して事業活動をおこないます。もしそのような状況が起こりそうな場合、起こった場合はただちに上司、管理者に報告し、適切な対応をおこないます。
  2. 不当な費用請求等の禁止
    • 私たちは、各種費用の請求および精算、そして労務関連事項の請求(時間外手当の請求、有給休暇等の取得)については、規程、内規に従い正確に、誠実におこないます。虚偽の申告等による不当な利益は受けません。
  3. 通信手段の私的利用について
    • 私たちは、社内固定電話、会社貸与携帯電話、電子メール、インターネットの利用について、公私の区別を明確にして、私的に流用することを慎みます。

Ⅱ.会社と社会との関係における行動基準

  1. 反社会的勢力との関係
    • 当社は、社会的秩序や企業の健全な事業活動を阻害するような個人・団体との関わり合いは一切もちません。
    • 当社は、暴力団等が当社事業活動等に介入し、脅迫、不法な金銭的利益を強要する「民事介入暴力」に対して「毅然として、恐れず、ひるまず、挑発せず、侮らず、失言せず、要求に屈しない」ことを原則として取り組みます。その際、企業対象暴力関係者対応マニュアルを参考とし、実践します。
    • 社内に警察等関係行政機関への相談窓口を設置し、常日頃から関係を密にしておきます。
    • 万一被害をうけた場合、迅速に被害届けをおこない、顧問弁護士と相談の上、法的対抗手段をとります。
  2. ステークホルダー(利害関係者)との関係
    • 当社は、お得意様、取引先、生活者、従業員、株主等すべての利害関係者と良好で健全な関係を保ち、維持発展に努め社会と共存することを是とし、精励します。
  3. 地域社会との関係
    • 当社は、地域社会との連携強化と協調により、地域社会発展に尽くします。
  4. 企業市民としての意識と行動
    • 当社は、従業員が企業市民として、広く社会への貢献活動を自主的、積極的に推進、参加することを支援します。
  5. 法令の遵守に関すること
    • 当社は、あらゆる法令や社会的規範、社会的良識に基づいた企業活動をおこないます。
    • 当社は、政治資金規正法および公職選挙法を遵守して、企業としての政治活動に公正さを確保します。
  6. 税法等法令遵守
    • 当社は、関連法規に従い適切な納税義務を果たします。そのため税務処理について万全を期します。
  7. 適正な会計処理
    • 当社は、売上・利益の計上、経費の支出等の処理は関連法規、会計基準、社内規程に従い適切におこないます。
  8. 記録の保管と報告
    • 当社は、法令・会計基準・社内規程に従い、税務、会計の処理に関連する記録の保管を正確におこないます。また、その処理の状況の把握のために、情報・記録の提供を求められた場合、正確に速やかに開示・報告をおこないます。
  9. 地球環境保全
    • 当社は、地球環境保全にかかわるすべての法令を遵守するとともに、環境負荷の少ない事業活動をおこない地球環境保全に全社員真摯に取り組みます。
    • 当社は、産業廃棄物等の取り扱い法規を遵守し、環境保全に努めます。
    • 当社は、省資源、省エネルギー(燃料、電気、ガス、水道等の利用量について)、資源リサイクルについて、全社一丸となって取り組みます。

≪関連法規≫
騒音規制法、産業廃棄物処理法、廃棄物処理法、環境基本法、水質汚濁防止法、大気汚染防止法、自然破壊保存法、公害紛争処理法等

Ⅲ.会社と従業員の関係に関する行動基準

【会社が従業員に対して】

会社にとって「人」は根幹であることを認識し、業務活動、集合研修等を通じて、それぞれの個性を尊重し、人材育成、能力開発に心がけ、自己実現を積極的に支援していきます。また公正な雇用関係の維持発展を図り、「人」を重視する企業風土づくりを目指します。

  1. 基本的人権の尊重

    (差別、セクハラ等の禁止)

    • 当社は、人種、信条、性差、宗教、年齢、国籍、身体上のハンディキャップ、社会的出身等の業務に関係のない事由での差別をしません。またさせません。
    • 当社は、セクハラ、パワハラ等の嫌がらせは絶対させません。また見逃しません。
    • 職場におけるセクハラ、パワハラ等の不当な取り扱い、事実があった場合徹底的に調査し、事実関係を明らかにして適切な処分をおこない、社内にケース事例として告知し、再発防止のための対策をとります。
    • 苦情・相談窓口を設置しあるいは社内報、研修等で周知徹底いたします。
  2. 多様な働き方(雇用形態の多様化)に合った人材の尊重、活用
    • 当社は、企業組織のあるべき姿を検討しつつ、正社員にとどまらず、契約社員、嘱託社員、パートタイマー、臨時社員、アルバイト、派遣社員、業務委託等多様な雇用形態の人々の能力を従来以上に尊重し、活用します。
  3. 公正な評価、育成、処遇による人事制度
    • 当社は、従業員の能力、貢献度に応じて公正に評価、処遇します。また適切な育成活動、能力開発を実施し、異動、配置についても個々人の自己申告、公募制度を通じて、公正さを期しておこないます。
  4. 安全・健康な働きやすい職場環境の維持、発展
    • 当社は、個々の個性や人格を尊重して、労働災害、交通事故等が起こらないよう、安全に心がけ、また健康の維持増進の諸施策を実施して従業員が安心して働ける環境づくりを目指します。
    • 当社は、労働時間短縮、休暇制度の利用等により総労働時間管理を徹底します。
  5. 従業員の個人情報の守秘
    • 当社は、個人のプライバシーを十分尊重して、個人情報については厳格な管理下のもと、細心の注意を払って取り扱い、雇用、処遇、健康、福利厚生等の個人情報を取り扱うときは使用目的と使用者を限定し、使用目的以外に使用いたしません。

≪関連法規≫
憲法、労働基準法、労働安全衛生法、労働災害保険法、男女雇用機会均等法等

【従業員が会社に対して ~ 組織の一員として】

  1. 社会人として、フォレストグループの一員としての姿勢
    • 私たちは、社会人、会社人、フォレストマンとして善良にして、誠実で正しい考え方をもって、社会への貢献を目指し、お得意様、生活者の不の打開を強く意識し、責任ある行動をいたします。
    • 私たちは、個々人の人格、品性を磨き、感謝のこころと謙虚な姿勢で、思いやり、気配り、心配りを大切にする社会人を目指します。
    • 私たちは、社会規範を守り、自己の生活について、自律心をもって家族を愛し、心身ともに健康で幸せな家庭づくりを目指します。
    • 私たちは、反社会的行為すなわち悪質な交通違反・交通事故、様々な犯罪行為、多重債務に関わる行為等、幸せで健康的な生活の基盤をゆるがす行為は絶対いたしません。
  2. 職務忠実義務
    • 私たちは、誠実に業務に取り組み、たゆまぬ創造と革新の精神で会社業績の向上、そして企業の社会的責任を果たすために努力いたします。
  3. ルールの遵守と不正行為の禁止
    • 私たちは、就業規則その他会社規程に定められた遵守事項を守り、忠実に職務を実行いたします。業務上の判断やその実施に際して、かかる行為が社内ルールに沿っているか、しかも会社の利益に合致しているかを常に考えて行動し、不正行為はいたしません。もし社内の不正を感知したら、上司および関係者に報告し、相談いたします。
  4. 会社の機密事項・顧客情報・個人情報の守秘
    • 私たちは、業務上知り得た情報(会社、お得意様、従業員等に関しての)をみだりに他に漏らしません。また、不注意による情報の漏洩がないよう万全の注意をいたします。
    • 私たちは、業務時間外、プライベート等第三者がいる場面(たとえば酒席等)でのお得意様に関する情報、会社に関する重要情報(たとえば人事)等について、不注意に漏らすようなことは絶対にいたしません。
    • 家族等についても不注意による上記の情報の漏洩がないよう万全を期します。
    • 担当業務が代わった場合、退職後等もこれらについて守秘いたします。
  5. 利益相反取引の禁止
    • 私たちは、会社の利益に反する取引をおこないません。また会社に許可なく利益相反取引にあたる関係先に雇用されたり、関係をもちません。
  6. 公私混同の禁止
    • 私たちは、みだりに会社の財産、経費等を私的に使用しません。
  7. 私利的目的行為の禁止
    • 私たちは、仕事を通じて得られたビジネスチャンス、人間関係、顧客情報を使って、自己の利益を図り会社の利益を阻害するような行為はいたしません。
  8. 会社の名誉、信用を失墜する行為の禁止
    • 私たちは、会社の名義や職制による地位を私的な利益に利用する、あるいは不正、不義な行為をおこない会社の名誉、信用を傷つけません。
  9. 会社内での個人的活動の禁止
    • 私たちは、会社の許可なく、会社の施設内での政治活動、宗教活動について、個人的(私的)な活動はおこないません。
  10. 飲酒運転の禁止
    • 私たちは、飲酒運転、酒気帯び運転は絶対にしません。またさせません。

Ⅳ.実施にあたって

  1. 周知の方法について
    • ホームページに「フォレストグループ行動憲章」、「フォレストグループ企業倫理行動基準」を掲載します。
    • フォレストグループの各種集合研修の中で、またはフォレストグループ各社の事業場長会議、支店長会議等各種の会議において「企業倫理」に関する研修をおこない、周知徹底を図ります。
    • 各社の各部門長、所属長、課長が朝礼等で折に触れて、周知徹底を図ることといたします。
    • 「フォレストグループ企業倫理行動基準」の具体的事例を、それぞれの項目に関係する部署が、起こった事例、起こりそうになった事例を作成して、社内での周知徹底の教材として使います。
      たとえば、「物流」に関する事件、事故、あるいはその事件、事故になる前に気づいたこと、等をまとめて、再発防止に役立てます。
  2. 法令等の問い合わせ窓口
    法令事項等 関連する法規 問い合わせ先
    情報管理 フォレストグループ情報セキュリティポリシー、
    個人情報保護法、
    不正アクセス防止法
    著作権法
    システム部
    ソリューション室
    営業管理部
    各社情報セキュリティ担当部署
    人権保護 労働基準法、男女雇用機会均等法等 人事総務部
    商品の安全性 薬事法、麻薬及び向精神薬取締法、覚せい剤取締法、動物用医薬品等取締規則、農薬取締法、食品衛生法、毒劇物取締法、消防法、古物営業法
    臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律等
    薬事監査部
    各社薬事担当または担当部署
    品質保証
    安定供給
      物流部
    環境保全 廃棄物処理法、産業廃棄物処理法等 経理部
    会計処理・税法 法人税法、所得税法、各種会計基準等 経理部
    公正競争 独占禁止法、医薬品卸売業公正競争規約
    医療機器業公正競争規約
    公務員倫理法、不正競争防止法、
    海外腐敗行為防止法(FCPA)

    営業本部
    各社営業本部

    政治関連 政治資金規正法、公職選挙法 経理部
    交通法規   経理部
  3. フォレストグループ行動憲章・企業倫理行動基準全般についての問い合わせ窓口

    (株)フォレストホールディングス内部監査部といたします。

付則
1.この規程の所管部署は内部監査部とする。
2.この規程は平成17年2月1日より実施する。
3.平成27年10月1日 組織名称変更に伴い一部改定

(改廃)
この規程の改廃は内部監査部長が立案し、フォレストホールディングス取締役会の承認を以って行う。

情報セキュリティ基本方針